タグ:視覚マーケティングのススメ ( 10 ) タグの人気記事
美味しくて超カンタン!お赤飯を炊飯器で作ろう
昨日は、誕生日でたくさんの方にお心遣いを頂いてとても嬉しかったです!

我が家では、家族のお誕生日はお赤飯を炊きますよ。
超カンタンで、失敗もありません。ぜひ、試してみてくださいね!

f0054954_8194251.jpg


1)ささげは良いものを買ってね。20070gで500〜700円くらい。絶対国産
2)餅米だけでなく、1割ほどうるちをいれると良い
3)(1)は、堅さが残る程度にゆでる。灰汁が強ければ取り除く
4)米は研いだらざるに上げておくと良い
5)(3)のゆで汁をさましてざるに上げておいた米、同じくざるに上げて冷ましておいたささげと一緒にお釜へ
6)炊飯器で普通に炊く(三菱電機がおすすめですよー)

もっと読む>>
[PR]
by ujipub | 2009-07-14 08:34 | Drink and Foods
「ウジトモコさんが横田秀珠をオススメする理由」にみる「ウジトモコさん笑顔の特訓が必須」の理由」




動画配信もあたりまえのこんな時代・・・・・笑顔の作り方、話し方のレッスンをせねば、、、と、痛烈に感じる今日この頃です。

More
[PR]
by ujipub | 2009-07-02 09:16 | Profile
カウボーイ・プリン
f0054954_2325745.jpg

さる、ウエスタンな士業のお方から凄いプリンを頂いた。
f0054954_2331031.jpg

しかもいろいろ、種類が入っている!!
f0054954_2332178.jpg

これは、なんとカラメルが別袋に入っている!!!
f0054954_2334932.jpg

スイーツを食べさせたら、UJI PUBでナンバーワンのKさん!!!!
f0054954_234095.jpg

「これ、すっごく美味しいですぅ〜っ!(*^^*)」



みんなで美味しく頂きました。
大阪のAさん、ごちそうさまでした!




え?誰だか全部分かっちゃうじゃないかって?
いかがなものかって?



「押せ押せ」な感じより、このくらいの「ひきっぷり」が
すごく惹かれるんですってば〜☆




▼おなかが痛くなる前に、社長はプリンを食べて会計をがんばろう!
『数字を見るとおなかが痛くなる社長のための決算書の読み方』


▼探しものはこれっだった!?目で見て、読んで納得戦略とは
『視覚マーケティングのススメ』

[PR]
by ujipub | 2008-11-14 23:15 | Drink and Foods
ロールケーキを買った人は、ダイエットビスケットも買っています
最近、始まったアマゾンの 食品&飲料品コーナーは気になりますね。

先日、MACの電池やHD,電話機もアマゾンで買いましたが
スイーツ関連もかなり気になります。

いろいろと買ってみたい・・・・

f0054954_21284327.jpg

渋皮栗入!栗きんとんロール


f0054954_21303138.jpg

スーパースターロール

ロールケーキを買った人は、これも買っています

ダイエットビスケットがあったので笑ってしまいました。

f0054954_21363952.jpg



視覚マーケティングのススメを買った人は渋皮栗入!栗きんとんロールダイエットビスケットも買っています!なんてことになっちゃうんでしょうね(笑)




▼美味しいものを食べるのも、見た目も大事!
視覚マーケティングのススメ

f0054954_21464559.jpg

[PR]
by ujipub | 2008-10-25 21:38 | Wellness and Fitness
運命の出会い
「ほんの2〜3年前まで、
あまり出歩かない生活をしていたのですよ」

というとよく驚かれます。

人に会ったり、お話を聞いたり、勉強しにいったりするのはもともと嫌いではありませんが、デザインという仕事はどうしても、計画通りにいい物がアウトプットできるとは限らない。時間がもっと欲しい、と思わなかった日はありません。

そんな思いが、ついつい出不精を誘っていたのではないかと思います。

「ちょっと出過ぎたかな、、、」と思って、最近は極力、出る用事を控え気味にしていますが逆に尋ねてくださるかたが沢山いらっしゃいます。嬉しいですね。

今日も何組かの方にお会いしましたが
とても印象的だったのは自著『視覚マーケティングのススメ』の読者です、とおっしゃる明るくて、いかにも快活そうな素敵な女性とそのご主人。

ご夫婦での来訪はさすがにはじめてです(笑)
素敵なお花とお土産まで頂き、恐縮です。

まるで、初対面とは思えぬリラックスした雰囲気で、
とても愉しいひとときを過ごさせていただきました。

Aさん(とその女性を呼ばせていただきます)はいわゆる、右脳系販売員(?)、あるいは企画営業系の方とお見受けしました。印象的な言葉。

「私は売る事に興味があります」
「デザインのいい物の方が絶対に売れるという実感があるのです」

ご趣味がフラワーアレンジメントや和装の気付、ということでデザインやクリエイティブにもとても興味をお持ちなのですね。
そして彼女の販売員時代の体験と『視覚マーケティングのススメ』に書いてあった事がぴったりシンクロした、ずっと現場で実感していた事通りだった、なんとなく感じていた事が言語化されていてすっきりした、と言っていただけました。
(この話は、本当に面白かったので今度コラムできちんと紹介しますね。)

ちなみに、大手系(?)のSEさんとお見受けしましたが、もの静かで優しそうで、でも1本、筋が通っているといった感じのご主人様も素敵でした。
主観的な意見ですが、いわゆる日本男子(にっぽんだんじ)風、もの静かだけど芯が強いという、こういう真面目な人柄がやはり今の日本を支えていると思います。
仲の良いご夫婦の来訪は本当に嬉しかったです。

本を書くまでは比較的、仕事を中心にごく限られた人と会う生活をしていたのですが、最近は『ああ、この人には、会うべくしてお会いしたのだ」と運命の出会いを感じる瞬間は多いです。


自分が差し出した物がすべて、自分に返ってくる。


現場の一制作者として、著者として、気の引き締まる思いです。
次作も期待しています、と最近よく言っていただけるようになりました。

ええ、次作もぜひ期待していてください!
[PR]
by ujipub | 2008-10-03 06:40 | Message
URUGOME(うるさくてごめんねBAND)ライブに行って来ました!
URUGOME(うるさくてごめんねBAND)のライブを見に、目黒のブルースアレイジャパン(Blues Alley Japan)に行って来ました!!

f0054954_2245773.jpg


なぜ、URUGOMEか?というのを簡単に説明しますとURUGOMEの女性ヴォーカリストでスピードのhiroちゃんや上原多香子さんのヴォイストレーナーとしても有名なMISUMIさんのブランディングサイトを制作中なのです。
やはり、現場に行ってアーティストのシズルにふれねば・・・

f0054954_22113253.gif


日本にフツウに住んでいる人であれば、たぶん、彼女の歌声はほとんどの人が「耳に覚え」があるのではないでしょうか。コマーシャルソングやメジャーアーチストのコーラスとしてのキャリアは相当なもの、私も最初に音源を送っていただいた時にすぐにピンときました。「あ、この声、知ってる!」

ちなみに、MISUMIさんはなんと,自著「視覚マーケティングのススメ」を読んでいただき、「この人に仕事、頼むわ」と思い立ったそうで、直接メールをいただいたのがきっかけです(光栄☆)。

もともと音楽マニアからは高評価のマニアックなバンドとして知られていたようですね。実力はお墨付き。

f0054954_22362722.jpg


元カシオペアのベーシストとしても有名、鳴瀬喜博さんのベースソロも良かったです。(ノリノリ〜!!)ふだん、こんなに重い音は聞いていませんが、、、

rock!shout!! &dance!!
若返りました〜!!

ちなみにMISUMIさんのサイトは、スマートでROCKでしかもオシャレなでき上がりになりそうです。また、こちらでも紹介しますね。


URUGOME公式サイト
MISUMIさんのブログ「ボーカリストの虎の穴」

BluseAlleyJapan
[PR]
by ujipub | 2008-09-22 22:46 | News
エリエスの古屋さんがウジパブリシティーに取材にみえました!
f0054954_215147.jpg


エリエスブックコンサルティングの貴公子こと、出版プロデューサーの古屋荘太さん(カリスマプロデューサー土井英司さんの愛弟子?!)が昨日「ベストセラークラブ」の取材のために自由が丘のウジパブリシティーにおみえになりました。

f0054954_2191873.jpg


「ベストセラークラブ」とはなんぞや、、という方のためにちょこっとレクチャー。

公式サイトには

「エリエス・ベストセラークラブは、ビジネスでさらなる活躍の場を求める皆様に提供する著者発掘&PRサービスです。」

と書いてありますが・・・・

月一回の会報誌の中で紹介される会員の重版情報やメディア掲載情報から察するに、すでに『ベストセラー作家』の著者の会員さんもかなり多そう。つまり、著者&未来の著者の社交場っていう感じですね☆

ちなみに古屋さんとの出会いは、こちらのベストセラークラブではなくこちら↓

f0054954_21214061.jpg

「スピードハックス勉強会」

偶然ですが、著者で人気ブログ「シゴタノ」管理人、大橋悦夫さんもベストセラークラブの会員なんですよ。


「スピードハックス勉強会」に一度でも出られたことがある、という方はイメージしやすいと思うのですが、となり近所に座った人などで即席チームを作ります。この時は確かチ−ムのネーミングまで決めて、ワークをかなりみっちりやりましたね。
ストップウォッチで時間を計られて、よーいどん!!(ワーク、ワーク、ディスカッション、ワーク・・・はぁ、いそがしい、いそがしい!!)

でも、このハードさのおかげで「セミナー隣席縁故率」はかなりあがる訳です。

ちなみにこのセミナーでお知り合いになった方は結構多くて、以前、このブログですでに紹介させていただいた小林憲人さんもそのお一人。



人のご縁とは、つくづく不思議なものですね。



で、取材は何の取材だったかというと、「注目のブランド人」



昨日はおしゃべりしすぎないように、すべて事前に原稿にまとめていたにもかかわらず、フリートーク炸裂で・・・。


「そういう這い上がるストーリー、ギャップがいいんじゃないですか。」なんて(はい、それは半年かけて学んだ事ですが)私の人生の「七転び八起き」ネタや「執筆苦労」裏話などでかなり盛り上がってしまいました(*´▽`*)/

「し、しまった、ブランド人の条件を話すのを忘れた(汗;)送らなきゃ。。」



そう言えば、古屋さんって、博報堂の前はずっと取材業をされていたんでしたね。(ずいぶんと大人っぽい雰囲気ですけど、新婚ほやほやの20代!!)


と、いうことで原稿はどうなったでしょうか。とっても愉しみです☆
ベストセラークラブ会員の方は、ぜひ会報をチェックしてくださいね〜。



▼入会する?
「ベストセラークラブ」

▼古屋さんの会社
エリエスブックコンサルティング

▼この本の取材
視覚マーケティングのススメ
[PR]
by ujipub | 2008-07-10 22:36 | News
宣伝会議さんから取材を受けました。
「宣伝会議」7月15日発売号の「ホスピタリティの匙加減」というテーマの特集で昨日、宣伝会議さんから取材を受けました。

------------
企業の方の悩みとなっている 広告クリエイティブや商品パッケージ、WEBサイトでの情報発信において

 ○消費者に嫌われない、受け入れてもらうために知っておくべきデザインのポイント
 ○デザインについての企業側が陥りがちな間違いや勘違い

について、ウジ様にお話うかがい、ご紹介させていただければと思っております。」
------------

ライターの方、弊社のデザイナーも一緒に緑豊かなティーサロンの屋上テラスでお会いしたのですが、ちょうど気持ちの良い風もあり、実に楽しく、和やかにお話をさせていただきました。


編集者の阪巻美帆さんは自著『視覚マーケティングのススメ』をすでにお読みいただいていたため、書籍と連動した質問もかなり多くしていただきました。

掲載が愉しみです。

「宣伝会議」6月15日発売号
f0165451_20311736.jpg


今月の「お勧めの書籍」に自著を紹介していただきました。書店で見かけられたら、ぜひお手にとって見てみてください。
[PR]
by ujipub | 2008-06-18 20:49 | News
視覚マーケティングのススメ出版記念トークショーイベント
視覚マーケティングのススメ出版記念トークショーイベント当日のご案内

ご参加くださる方、お会いできるのを愉しみにしています!
[PR]
by ujipub | 2008-06-05 09:16 | News
いい感触。
5月1日にやっと執筆が終了、ぎりぎりまで「質の向上」に編集さんもおつき合いをしてくださり、「視覚マーケティングのススメ」が完成しました。

f0054954_6521322.jpg


たまたま勝間さんのセミナーの懇親会でお会いした方に最終のゲラを先駆けで、「立ち読み」して頂いたのですが、思いのほか感触が良く、苦しい思いをした甲斐あったと、かなり嬉しい気持ちでいっぱいです。

まず、マジビジの新シリーズとなる注目のマジビジ[S]のトップバッターとして今月すでに出版されているマジビジ[S]01 営業は準備が9割!小幡 英司さん。「これは、面白い!新しい!買います!」と言っていただきました。
f0054954_81588.jpg

小幡さんは、私たち「クリエイターなら全員が使う」ある大手外資系ソフトウエア会社などでご活躍され、現在はコンサルタントとして活躍中。↓プロフィール抜粋
ーーーー
外資系企業勤務で得たトップレベルのマーケティング理論や営業ノウハウに自らの営業体験を組み合わせ、独自の営業スタイルを確立。提案した顧客の9割から契約を獲得する圧倒的な営業力で、日立製作所、ソニー、NEC、東芝、トヨタ自動車など大手製造業を中心に55社の販路を開拓。
ーーーー

このような、本気でものを売る最先端の営業マンに「新しい!」「面白い!」
と言っていただけたのは私にとって大きな励みとなりました。


そして、さらに、営業本と言えばこちらの方、
吉野真由美さん 私自身すでに何冊も読ませて頂き、参考にさせて頂いています。
f0054954_80190.jpg

『営業でみるみる新規開拓できる魔法のセールストーク』
『営業ですぐ結果を出す人の話し方 50分の商談で即決!』

吉野さんには、第1部 Point6 「デザインでマネジメントを上げる」
のなかの「集めたものをどうするかでなく、誰を集められるか」

というパートに特に共感していただきました。これは本書では、「見せたもの=集まるもの」と採用案件を事例紹介して、視覚戦略の基本をお伝えしている部分なのですが、吉野さんはすでにその「見せる戦略」をご自身のセミナー集客に採用されていました。「その見せる戦略」はもちろん秘密です(笑)!その他にもいろいろとお話を伺ったのですが、吉野さんはかなりの「視覚マーケッター上級者」でいらっしゃるご様子でした。そして、そのあと、二人でこっそりと笑っていた事は「男性の方って意外に気づいていないのよね!」ということ。ははぁ、、女性の方が、確かに、「見せる戦略家」潜在率は高いのかもしれません(笑)。

実は吉野さんは、私が本を書こうと決心して間もない頃「あなたのその今の感覚をすべて言語化しなければならないのよ。言語化がともかく大切なの。」と、貴重なアドバイスをしてくださった方です。吉野さん、ありがとうございます!


そして、今回非常に意外だったのは
『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』の川島和正さん。
f0054954_811161.jpg

川島さんには、名刺交換させて頂いた際に本の趣旨をご説明させて頂いただのですが「いや、デザインはやってとりあえず当然と僕は思っています。」と非常に興味をもっていただきました。そして、現在、出回っているマーケティング関連の情報の多くが川島さん曰く男性的思考であるのに対し、女性マーケッター自体が珍しいし、デザインっていわば「モテ系マーケティング」だよね、と言って頂きました。「モテ系」なのかどうかは、正直言って分かりませんが、今までの言語化されていなかったジャンルである事だけは確かです。

なにせ、今回・・・初の「言語化」な訳ですから!


小幡さん、吉野さんのような精鋭の営業職の方や川島さんのような情報起業家の方に興味を持ってもらいたかったので、正直、この反応は本当に嬉しかったです。

他にもオピニオンリーダーの方々に先読みして頂こうと、現在、原稿を準備中です。

サイトも新しく創りました。


「視覚マーケティングのススメ」(公式HP)
「視覚マーケティングのススメ」(公式ブログ)


このブログを読んでいらっしゃる方あてにも「先読みPDF」依頼のお願いをするかもしれません、その節はどうぞ宜しくお願いいたします!!

また、とりまとめて随時ブログの方で公開させて頂きます。お愉しみに☆
[PR]
by ujipub | 2008-05-04 07:58 | books and more