<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
すぐに稼げる?
そんな簡単なはずないよなーと思いながら、
でも『術』って書いてあるし・・・・何かミラクルな技が書いてあるのかも。。。
ついつい読んでしまいました。

f0054954_8474923.jpg


以前、家電のカタログや販促の仕事を担当していた頃のことです。
当時、仕事の流れがちょうど変わる時期だったのでしょう。人手が足りなくて、カタログのデザインはもちろんキーワード、キャッチコピーから本文のコピーまで、担当ディレクターにまかされてほとんど一人で担当していた事があります。

もちろん、私はデザイナーなので担当ディレクターのキビシイ赤字が入稿直前に山のように修正として入ってきます。そして、実際のところ、コピー料としては・・・1円も請求できませんでしたね。あれだけやって。
デザイン料に附随する、原稿整理サービス・・・そんなところだったかもしれません。

当時は『なんでデザイン料だけでここまでやってるの。。。』としょげたりもしましたが、今となってはむしろこの、『カタログコピー実践講座』やっておいてよかったなー。かなり鍛えられたと思います。やらせてくれたディレクターに今では感謝していますよ。

私自身、本職のコピーライターの文章には常に感動させられています。
予算と時間のある時は当社でも必ずお願いしていますが、同じ単語と単語のつなぎ合わせなのに、つややかで輝きに満ちていていたり、魂を揺さぶる永遠のキーワードであったり。やっぱりプロは違う〜!と、思わず自分達の担当商品を購入してしまう事もしばしば。
専門職とかその道を極めた人と言うのは、やはりその人なりのノウハウを必ず持っているものです。
なので、「そんなに簡単に稼げるわけないでしょー?」
ま、普通の人はそう思うでしょうね。たぶん。

さて、その
『すぐに稼げる文章術』
ですが非常に実践的で分かりやすくそのタイトル『すぐに稼げる文章術』についても、プロの文筆業として充分に計算された巧妙なタイトルである事が分かります。(このすぐに稼げるのっ?っていう私の半信半疑な反応でさえ、計算づくなのね。)

もしかしたらもしかするかも・・・ですよ。ブログやサイトを運営されている皆さんも一読されてみたらいかがでしょう。

BBM(メールマガジン/ビジネスブックマラソン)でも出版コンサルタントの土井さんが赤ペンチェックで取り上げられていましたが
『プロでしたら、文章を書くときには7種類程度の読者を想定しなければなりません。プロでない場合にも、少なくとも3種類の読者は想定したほうが良いでしょう』(日垣 隆:「すぐに稼げる文章術」より引用)というくだりは、私も普段このブログを書いたりする時にかなり気をつけているところです。

私の場合は、最もメインとしているターゲットは自社のクライアントと将来クライアントになり売る可能性のあるビジネスマンあるいは経営者の方向けの啓蒙。
次に当社のアシスタントなどデザインのまだ実務経験の足りない若手へのメッセージ。

そしてこれが実は一番恐いところなのですが、同業者の目を、実はとても意識して書いています。

感覚的で信憑性のない記事や曖昧な情報はかならず突っ込まれるでしょうね。
むしろ、同業者に共感してもらえるレベルを維持出来るかどうかが『カギ』だなと。

ちょうど、そんな時、以前の上司でかつて旭通のスターADであったミサイル・カンパニーの福田さんから励ましのお言葉を頂きました。
業界の大先輩である福田さんにそのように励ましていただけたのは本当に感動です。
(福田さんありがとうございます。今後共努力精進してまいります)

この読者、最低でも3種類・・・
というところで実は思い出した事があります。

まぁ、読み手の立場になって、読み手を意識してということのひとつのテクニックである事には間違いないのですが、デザインの場合にもとても大切な事です。

実は、当社の名刺ですが全く同じデザインで紙を変えたり印刷の種類を変えたり、常に3〜4種類を用意しています。

これでちなみに何をやっているかというと・・・
ターゲットに合わせて、売込みたいサービスを意識しながら名刺をお配りしているのです。
同じデザインでも、紙や印刷の仕様の違いで、信頼感や高級感を強調出来たり、ポップでキッチュなシルクスクリーンのようなグラフィックを演出できたり・・・
ちょっとずつですが印象がかなり変わるのです。
(さぁ、今あなたのお手元にあるのはウジのどの名刺でしょう?高級感を売り込まれました?それとも斬新さをアピールされたのでしょうか)

印刷や紙の種類を変える事は実際の仕事でも、実は良くやっています。
とくに会社案内のフォルダーやパンフでは、かなりの案件で2紙出しをしましたね。
試刷りの時に、ウジから2紙出しを提案されたかたもきっと多くいらっしゃるでしょう。

これの非常に面白いところは、入稿前に必ず言葉でご説明するのですがほとんどの方はこの時はピンと来ていません。
『え〜っと、こちらの紙は高級感があって紙白で・・・、(紙の)腰がないですがちょっと新しい感じで・・・』『・・・????』

ほとんどの方は何がなんだか、もうお任せしますよ、という反応がこの時点では非常に多いです。

ところがですねー、実際に校正があがってくるとほとんどの方は1秒以内にはっきりとした意思表示をされますね。『こっちでいきます』『こっちでお願いします』って。

百聞は一件にしかず

という言葉がありますがまさにこれです。

言葉で星の数ほどの情報が伝えられるのと同じくらい
言葉では伝えきれない事がまだ山ほどあるのです。

で、初回は誰にも役立つ『名刺』です。
『すぐに稼げる名刺術』
(うそうそ(*´▽`*)/)

『仕事が舞い込む名刺術』>>>>
[PR]
by ujipub | 2007-01-28 10:09 | books and more
新しいブログ
楽天新春カンファレンス
f0054954_7373116.jpg

先日、楽天の新春イベントに行ってきました。
楽天をやっていると、よく同業者の友人などから
『見ず知らずの企業から仕事を受けて、大丈夫なの?お金ちゃんと払ってもらえるの?』といった質問を受けるんですね。
私の場合に限ってかもしれませんが、楽天ビジネスを通した受注でいわゆる未払い、貸し倒れといった経験をしたことは実は一度もありません。

うちの場合は、それ以外にもかなりのアプローチがネットや紹介を通してくるので、どちらかというと危ないのはこちらの方。

私の印象では、楽天ビジネス経由での人脈は、『伸び盛りの旬な企業』様が多く、最近では大手上場企業様の案件もありましたし、中小でも好感の持てる、可能性を感じる、非常に真摯な対応をしていただける企業様とマッチングしていただいていますね。
楽天がきっかけで、もう3年近くもお付き合いさせていただいている企業もあります。
実際、ウチの事務所に今より機動力があれば、もうちょっと積極的にやってもいいと思うくらいですよ。

さて、その楽天新春カンファレンスに話は戻るのですが、、、
こちらはいわゆる私がやっているビジネス系のイベントではなく、店舗出展者のためのイベント。やはり成功している勢いのある人気店舗というところはMD力にせよ顧客対応にせよ、目を見張るものがあり(私も実際お買い物してみたりしてますけど、本当にすごいノウハウですよ。売れる仕組みが完成されてます)
新春カンファレンスではそういった、人気店に続けっ!と様々なセミナーやフォーラムが開催されていて、志気喚起や実践ノウハウ伝授を積極的におこなっている訳なんですね。
仕事の都合でセレモニーなどは間に合いませんでしたが店舗向けセミナーを2つほど申込み、とりあえずいわゆる「リピーター対策講座」というのに今回初めて参加してみました。(もう一つはアフェリエイト関連だったかな。結局出れませんでしたが。。。)

もちろん、私がこれから楽天にお店を出店して、何か売ろうとしてるとかそんな事ではないんですが・・・・私も含めてネットでお買い物をしていく人口はたぶん増える一方ですよね。そのトップを走る楽天がどうやってド素人の店主を引っ張っているのか、ちょっと除いてみたかった訳です。
セミナーの内容は一度お買い物をしていただいたお客様にどうやって二度三度と来店を促していくのか、メルマガや顧客心理を掴んだアプローチで他店舗に取り込まれないように戦略をたてましょう。実践しましょうという比較的一般的な内容でしたが、なかなか参考になりました。
ほかにもWEB2.0戦略など人気のセミナーはほとんど満席。熱気もむんむん。皆、本当に勉強熱心なのね。


やたら気になるチラシ
f0054954_8345567.jpg

実はそのセミナー会場で、非常に興味深いチラシを見つけました。
『ホームページ制作料金168,000円が今なら無料!!選べるデザイン130種類!』
当社はいわゆるECサイト(インターネットショッピンッグウェブサイト)制作専門業者ではありませんが、やはり気になります。こんなことやって、どうやって儲かるの?
いくらなんでも気前の良すぎだろうと思ってよくよく読んでみると、あれあれ???
「月づきの保守料金約55,000円が今なら42000円。半年契約一括払い。」
いずれにせよ、商品追加やバナーの作成で月々保守契約を結び、年間にしたら60万近くは払うという仕組み。

しかも良く読んでみると、
『デザインのテンプレートが13パターンでカラーが10種類。』
う〜ん。これをデザイン130種類というのだろうか。ありもんにデータ差し換えるだけじゃん。。。
ちなみにテンプレートのデータ移し変えはデザインとは言わないし専門的なノウハウはまったく必要としないので、いわゆるSOHO,ホームパートナーさんや内職系で実質回している可能性も大。

なるほどね。これは会社としてはたぶん儲かる。いや、絶対に儲かるな。。。
でも、これで本当に売れるECサイトデザインが出来るのかしら・・・・ちょっと疑問です。

楽天店舗ホームページ制作料金168,000円が相場なのかどうか、企業サイトを得意とする当社には判断しずらいのですが、もしも経費を効率よく使うということだけに着目するのであれば、いっそ良心的で実績のあるSOHOにちょっと気分よく仕事してもらえるくらいの予算と納期を提供してじっくり納得のいくものを作ってもらい、商品の差し替えやメンテナンスのやり方は教えてもらって自社でコストをかけずにやる・・・というのがお勧めですね。

実際、初期費用200,000円かけたとしても、単純計算でかなりの差額がでます。もし、自分でやるのが大変だったとしてもHTMLの知識のあるアルバイトさんやフリーを充分に使ってもお釣りが来るでしょう。

しかもさらに、その「気になるチラシ」には・・・!

なんと「アンケートにお答え頂いた店舗様の中から抽選で1店舗様」
あ、こんなとこに書いてあった。。。

168,000円は無料じゃなくてそのラッキーな一名以外、特別価格99,000円結局払うのね。
「ホームページ制作料無料」すごい得!って、申し込んでしまうと、年間としての費用は相当な額を結局支払うことになるわけです。
しかも、この感じだと、毎年アクセスログ解析とかSEOとかいろいろ言われて、、、出費がかさみそうな気配は否めません。
なるほど、勉強になるなぁ・・・

まぁ、実際のところホームページ系ビジネスって大いにこれもありの世界であることは事実なのです。書くべきことはきちんと書いてあるので、違法でもだましでもありません。
よく読まないほうがむしろ悪いというわけです。

(しかも実はこちらの業者様、結構有名な、楽天ではメジャーな企業様なんですよね。。)

つまり、このチラシのいかがわしく見えちゃうところが問題なのかも。
もっと、誠実に勝負しても全然、いけちゃう企業力を持っているので、この紛らわしさはちょっと残念な気さえします。

最近、中小企業の販促をやっていて非常に良く感じることなのですが、サービスのひとつを売ることに熱心になりすぎて、なりふり構わずやっていると企業イメージとしては大きくダメージを受けることがあります。

なぜなら、昔と違ってサービス自体が時代やニーズ、顧客別、という風に常に変化して形を変えたり、拡大縮小してしまうことが充分に考えられるからです。

もし、ひとつの特定したサービスだけに企業イメージをフィックスされてしまったらどうでしょう。

やっとの思いで、新しい事業、と言ったときに前のイメージが足かせとなってしまい、むしろ何もないところからはじめるよりも、より多くの手間と時間をかけて、「いや、実はうちはこういうことも出来るんですよ」と言うことを一から説得しなおさなくてはなりません。

いざ、事業拡大という時に、前のサービスのイメージがプラスになるようにあらかじめ計算しておく工夫が必要です。

先ほどのチラシだって「実績NO1企業の今だけキャンペーン」みたいなキャッチで、価格以外の競争力があることをきちんとアピールしていれば、読みずらーく書いてある「抽選で一名様」だって、さしていかがわしく見えなかったはずです。
むしろ、そのラッキーな一人にたとえなれなかったとしても、話だけ位は聞いてみようかな・・・とか。

「山を見せて、木を感じさせる」

木を見て、山を見ず...という言葉がありますが、企業販促やサービス案内にこういったアイデンティティデザインを取り入れていくことで、ブランディングだけでなくプロモーションにおいても非常に効果を発揮する、と言うことを私は最近実例を持って実感しています。

自社の「可能性」や「らしさ」の部分をコンセプトとして強く訴えて、サービス自体は顧客に合わせて変幻自在にカスタマイズできるからです。


「山を見せて、木を売る。使えるアイデンティティデザインの作り方、使い方。」
ということで、これが新しいブログのテーマになっていくと思います。

あ~、なんだ、これがいいたかったのね。出てくるまで長かったーー。
↑ってたぶん皆さん思ってますよね。はは。(*´▽`*)/

ほんとにこの長いブログを最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

アップしましたら、またお知らせしますので
こちらもどうぞ宜しくお願いします。

代わりといっては何ですが、こちらの事務所日記はもう少し、さらっと、いけると思います(笑)

あと、最後になりましたが、自社のその最大の魅力、強み、というのを客観的に理解できてプロモーション活用出来ているところって、意外に少ないですね。ご自身の魅力に気づいていない、もったいないと思いますよ。

こちらのコンサルもはじめましたので、興味のある方は是非。
UJI PUBLICITY ビジネスグラフィック最適化コンサルティングサービス

では、お問い合わせお待ちしています。
[PR]
by ujipub | 2007-01-13 08:29 | Profile
NEW YEAR
f0054954_12305381.jpg

新年あけましておめでとうございます
みなさん、もうおせちは食べました?

これは我が家の元旦の食卓です。
は〜っ、今年もおせち、つくりましたよ。
たぶん旅行に行ってる時以外は毎年つくっていますね。どんなに忙しくても。
と、言っても黒豆以外は12/31の午後から始めて一気につくるんですよ。

うちは、母がせっせとこうことをやる人だったので
何の疑問も持たず、毎年私もせっせとやっているわけですが、どうなんでしょう。
『おせちをつくる』と言っただけで、最近、よく驚かれたりします。
『え〜っ?つくるの〜?』『大変じゃない?』って。

実は大変なやり方をしていないので(きんとんにしても伊達巻きにしても)半日かけずに出来ちゃう訳ですが、どちらかと言うと大変かどうか、と言う事より
このおせちをつくる・・・という行為は、私にとっては『願掛け』に近い、大切な行事のひとつなのですよ。

だって、今年も商売繁昌したいですよね。
そしたら、いい金時のお芋とくちなしの実と大粒の栗で黄金に輝くきんとんははずせません。ふわふわの伊達巻きもそうです。
見通しの明るい年にしたいので、レンコンはしゃりしゃりの歯ごたえを残します。
マメにブログも更新(?)しなきゃなので黒豆は甘さを控えてふっくら。車海老はあら塩でクシをささずにグリル。日本酒にもあいますね〜☆そうそう、この時期、脂ののった寒ブリは出世魚。今年出世したい人は、やっぱりブリを食べておかないと・・・。
そう、このおせち料理には、すべて、この一年にかける願いと意味があるのですよね。
日本人ってやっぱりすごい。そして、実は巧みに栄養バランスやからだの生理にもかなっているのだから驚きです。

そうなのです。
今日のテーマは、気持ちを込めてつくる・・・・・ということなのです。
f0054954_12481469.gif


ということで、気持ちを込めて創りました。
『UJIPUBLICITY 福を呼ぶ年賀状2007』
仕事でもそうですが、やはり思いを込めてつくったものには、すべて魂が宿ります。
私はいつも、自分の仕事が旅立つ時、このように言っています。
『頑張ってお客さんの役にたってこいよ〜っ!』

ちなみに、ごめんなさい。
まだ年賀状は、一枚も書いていません。

年末ギリギリまでごいっしょにお仕事させていただいた皆様には、
たぶんお察ししていただけると思いますが。。。。
お手元にお届けできるのは、まだまだ先かも。

でも、きっと皆様にもいい事がありますよ☆
楽しみに待っていてくださいね。
どうぞ、本年も宜しくお願いいたします。

ちなみに、2月にちょっと長いお休みをとらせていただきます。
こちらもどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by ujipub | 2007-01-02 12:49 | Season