<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
黒船 〜旬と粋の美学〜
f0054954_0191162.jpg

最近、事務所の近くの熊野神社横に出来たカステラの専門店「黒船」。
オープン前は、『自由が丘にはこんなにお菓子屋が沢山あるのに。。。いったい誰が買うの?』と不思議に思っていたんですが・・・・。
オープンするや否や、大変な盛況ぶりです。人の姿がたえる事がありません。

何を隠そう、わたしも最近よく買いにいっています。
もうすでに『あ、この前・・・』という方もいらっしゃいますよね(笑)。
このカステラ、実はちょっと変わっているんです。

f0054954_0231294.jpg

ふわっとしてもちもちしている不思議な食感も絶妙ですが、なんと賞味期限がたったの一日だけ。つくられたその日が賞味期限と言う訳です。

いくら保存料が入っていないとは言え、カステラなのでもちろん一日で腐るはずがありません。『つくりたてが一番おいしいから』と言う理由だけで賞味期限を一日に設定しているのです。
日持ちがしない、ということをマイナスイメージにしてむやみに添加物を加えてしまう大量生産、大量販売の手法を考えると、まさにその逆。
たかだか千円そこそこのカステラなのですが限定生産、限定販売、その一日だけが食べごろというその瞬間性がある意味とても贅沢なんですね。

f0054954_1405584.jpg

この題字(ロゴ?)もうまいなぁー。
最初に見た時はかなりインパクトを感じ、慣れてくるとその芳醇さに気づいてくる。書画の書き手は、高齢のふくよかなご夫人かあるいは、強面だが人情味溢れる書家なのかしら・・・と、想像を掻き立てられます。

一応なので、デザインの話にふれておきますと、このような書画は『CONTRAST(コントラスト)』を起用したデザインの最高峰。広いホワイトスペースに真っ黒な文字が配してあるので目立たない訳がありません。
『コントラストの強いデザイン』=とは、すなわち『メッセージすべきことが伝わりやすいデザイン』と、この際、是非覚えておいてください。

それに対して水墨画などの手法にも多用される『タッチ』や『グラデーション』。
これはまさに表現力の横綱と言ったところでしょうか。
豊かさ、神秘性、その他多くのキーワードがこの手法を使って表せることは言うまでもないでしょう。そもそも日本人は、水墨画や書画などに代表される『コントラスト』や『グラデーション』のt巧みな表現者であり鑑賞家なのです。

サバンナにシマウマを描いても、強くメッセージ出来ないことは容易に想像つきますよね。カモフラージュしてしまっているのと同じことなのですから。
残念ですがサバンナにシマウマのごちゃごちゃデザインが見慣れていて、安心・・・というケースも非常に多いです。言いたいことの趣旨の優先順位を決めれずに、並列に配してしまう。片面印刷ならまだしも、両面に文字がびっしりでは実際、読むほうもしんどいのですが「文字は大きいほど読みやすい」「白場(ホワイトスペース)がもったいない」という考えが常識となっている日本では、コントラストを起用したインパクトあるデザインはデザイナーの自分勝手な趣味みたいに取られることも少なくはありません。
(もちろんすべてのクライアントがそうだと言うわけではありません。が、少なくとも私の周りでは、ごくごく日常的に起こっていることだけは確かです。)
こういった、サバンナにシマウマタイプのデザインは見ることに目的がある人にのみ目当ての情報を探し当てることが可能ですが、あまり見る気がない人はどうかと言うと、印象に残りずらくメッセージが伝わりにくいので本来あまりお勧めできるデザインではありません。

ちなみに先日、あるインターネットマーケティングの会社の依頼で金融ベンチャーの企業販促に携わらせていただきました。なかなかいい出来だったので絵をお見せできないのが残念ですが、自身をニューヨーカーを称されるその企業のTOPは、何案かのデザインの中でもっともコントラストの強いデザインを採用されていました。
実際に国際競争の現場で実務を経験されていて、企業販促デザインというものの主旨を非常によく理解されていたと思います。ご自分の会社のサービスにもとても自信を持っておられるのでしょうね。

黒船に話は戻りますが、デザインでコミットメントをしておくと言うのは、長いお付き合いをする前に暫定で価値を定められてしまう、現代社会ではとても重要なことです。これを最初にやっておくと、いろいろなパーツが生きて動いてくれるのです。
プログラムで言えば、最初の宣言文のような感じかもしれません。

おししいカステラにも拍手ですが、パッケージやロゴタイプで『私は自信があって、粋な商売をしています。旬なお味をお愉しみください。』とちゃんと宣言しているのはお見事です。自信が伝わりますよね。繁昌も納得できます。

機会があれば、是非、食べてみてくださいね。喫茶もあるみたいですよ。

黒船 自由が丘店
[PR]
by ujipub | 2006-11-27 02:04 | Drink and Foods
成功読書術〜ビジネスに生かす名著の読み方〜
f0054954_10293288.jpg

成功読書術は、もと、アマゾンのカリスマバイヤーでエリエスブックコンサルタントの代表をされている、土井英司さんの本です。

成功・読書・名著・カリスマ・・・となんだか険しい文言が並び、そのうえこの重厚感ある装丁。なんだか、険しい道のりがこの先に待っているのではという気配を感じ(それをさらに、私がフォトショでドラマチックに加工してるから余計ですね)「プロとして恥ずかしくないFLASH」をやっつけてからにしようか、それともサラパレッキーも新刊でてるし、、、などと、あまりゆっくり本を読む時間もない私としてはこの本を天秤にかけていたりもしました。

「あっという間に読めて、しかも非常に使える実用書。」とamazonの書評には書かせてもらいましたが、ビジネスとか成功とかにこだわらず、価値ある人生を生きたいと思う人なら、今すぐ目を通しておくべき本でしょう。もちろん、お仕事をされている方、特に経営者の方には、目からウロコの宝の山であることに間違いありません。
紹介されている30冊のうち、何冊かはすでに読んだことのあるものでしたが、この本がなければ一生出会わなかった本も多いと思います。

土井さんは、敏腕の出版コンサルタントでご自身の会社を通して様々なセミナーや活動をされていますが、私が最もお薦めするのは無料メールマガジン『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』です。
子供の頃、よく父に「朝刊の見出しだけでも読め」と言われたものですが、タイトル・見出しに分かりやすい解説とさらに赤ペンチェックと言う抜き書きのコーナーがあり、毎日ビジネスに役立つ良書が紹介されます。初めて1カ月足らずですが、もうすでにオススメの本を何冊も買ってしまいました。。。

敏腕・気鋭なイメージと若くして華々しい活躍、高額なコンサル料などから(私も、実際にコンサルしていただきました(*▽*;/)畏縮して近寄りがたいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうもそれはプロモーションイメージに近いもののようで、ご紹介していらっしゃる本の選択を見る限り、人間味にあふれた情緒豊かな方ではないかと思われます。意外にシャイなのかもしれませんね。

ビジネス書というと、やはり儲かる・使えるがキーワードですが土井さんの選定されている本の特徴は儲かる・使えるはもちろん自分の知的財産・資産となりうる本ばかりです。「経費」で買って、読んでおかなくちゃ、の本ではなく、お昼代節約してでも「投資」して買って読んでおけば、必ずあとで自分に還ってくる本のような気がします。

実は、出版戦略セミナーというのもあって、こちらは出版を目指す人の指導や勉強会です。すでに執筆活動をされている方はもちろん、今後、出版に興味をもたれている方は、是非一度参加されてみたらいかがでしょう。
土井さん自体はマーケッターなので、その点においても私は非常に参考にさせていただいています。
UJIもたとえ前日が深夜作業の日だったりしても、セミナーのほうはなんとか休まずに頑張って通うつもりでいますので、良ければ皆さんも一緒にお勉強しましょう☆

エリエス・ブック・コンサルティング
〜出版したい人のための総合サイト〜
[PR]
by ujipub | 2006-11-19 11:43 | books and more
CAD派遣/オールウェイズのサイトリニューアル
f0054954_1749422.jpg

突然の電話
オールウェイズさんから「はじめまして」とお電話を突然いただいて、いきなり30分以上、自社の抱負とビジョンについて、熱く熱く語られた時は、『ついにウチの事務所も大変なことになってきた。』とあわてふためいたのを良く覚えています。
ホームページを沢山の方に見ていただいて、お声をかけていただけるのは私はとても幸せなことだと思っていますが、確かこの時は、何か別の案件でかなり焦っていたか、締めきり直前の瞬間だったのでしょう。『マシンガントーク』と代理店関係者には評される私が、どんなにがんばってとめようとしても豊田さんの熱い語りにSTOPをかけることは結局できませんでした。
実は、その後、敏腕部下である近森さん絶妙のしきりもあって、結果としては大変気持ちよくお仕事をさせていただきました。よくよく考えてみたら、そもそも電話をとってしまった私が悪いし、その時やはりお断りしなかったのは、社長の豊田さんのお仕事に対する熱い熱い情熱がまさに、この初めてご連絡いただいた瞬間から私に伝わったからなのかもしれません。

ウソのようなホントの話
これを読まれているみなさんは、『まさか』とお思いになるかもしれませんが、会社案内や企業サイトの発注をされる際、『自分のイメージや会社としてのビジョンを形にしてほしい』というオーダーは、実は驚くほど少ないのです。
代わりといってはなんですが、非常に多いのが「参考サイトのようなものを作ったらいくらかかるの?」次に多いのが「APPLEのように・・」とか「ペニンシュラホテルのように・・・」とか「良くある企業サイト風に」とか、自社のイメージを考えるなんてことは、思いもつかないようです。一部を似せるだけでは満足できず、そっくりに真似しないと気がすまないなんていう時も多々あります。
ご自身がその筋のリーダーシップをとられている企業でさえ、「このページみたいにしたい。」「同じようにしてほしい」というオーダーはあとを断ちません。
『このへんのカンジが今回のツールに生かせるので、この部分を取り入れさせていただき、フォーマットやトーンアンドマナーは貴社のすでにお持ちのモノを活かされてはいかがでしょう(私)』『あの〜、そっくりにするのって大変なんでしょうか?どうしても、そっくりのモノを見てみたいのですが。』『まぁ、一度お創りするのは構いませんが・・・・正直言って、オススメはしないんですけれでも(汗)』『分かりました。では、そっくりに一度創ってください。』『はい、分かりました・・・・(*_*);』
こんなことは、しょっちゅうです。

そんななか、オールウェイズさんのオーダーは、以下のようなものでした。
『当社は規模は小さいけれど、サービスや熱意は大手に負けていないつもりだ。ウジさんもプロとして、デザイナーとして、自身の実力を大いに発揮していただき、どうかいいものを創り上げてほしい。手腕を見せてください。』

これは本当は秘密にしておきたいところですが、クリエイターの真相心理を実によくついたすばらしいオーダーです。
デザイナーの潜在意識にある最重要課題というものは、実はギャラアップでも、休暇の長期化でもありません。少なくとも私が親しくしている、数十人以上の人はそうです。
いい仕事をしてクライアントに喜ばれる。つまり、自分でも納得できるいいデザインが世の中に出ていき、そのツールが、世の中に出ていってきちんと売り上げをのばしたり、きっちりと成果を出していくことなのです。

f0054954_17375741.gif

人物イメージを使うということ
今回の仕事で、社長の豊田さんと私の間で特に頻繁にやり取りされたのが、登場する人物写真のセレクトです。
人間のイメージというのは、みなさんの想像以上に潜在意識に深く入り込んで、行動の心理というものに影響を与えることが可能です。
今回のサイトでは、人物イメージはターゲット像とする人たちの内面と理想の可視化に近くて、真ん中の女性が自信に満ちた自分の姿(未来/理想)、左の男性は知性と教養(潜在能力/背景)、右の男性は専門性(競争力/個性)を強調しています。もちろん、建築家、CADオペレーター、エンジニア、ジェンダーフリー・・のようなイメージにも適合していなければなりません。
何故、外人なのか、というのもありますね。実は日本人の案もありました。ただ、予算と条件の限られたありモノのイメージソースを使用していく場合、日本の市場があまりにも画一的なために、選べる写真がないというのが一番の理由です。
つまり、映っているモデルに知性もなければ専門性もない、日本人であればよけいただの売れないモデルか、あまり仕事のない舞台関係者だということがばれてしまうのです。

では、このような役割を持ったイメージ写真が一体どれだけの仕事をするのか・・・と疑問視される方もいらっしゃるでしょう。企業が間違えてやってしまうとマイナスイメージになってダメージが強いものを例にあげると分かりやすいかもしれません。

例えば、消費者金融の広告にオールウェイズさんと同じことを当てはめてみましょう。
真ん中の女性は金策をしたあとの自分の将来の姿です。恐怖におびえていますね。左の男性は、自分の会社の資金繰りがうまくいっていない、失望感が漂っていることでしょう。暗い表情でかなりの苦悩が読み取れます。右の男性は、勝ち目のない、必要とされなかった平凡な自分といったところでしょうか。恐い広告ですね。見たくもありません。
この恐ろしい広告の姿こそが、ある意味では事実なのですが、こんな広告を万が一消費者金融が出そうものなら、誰も借りたいと思わないですよね。若い女の子の笑顔や、元気なダンスシーンに企業ロゴをオーバーラップさせて、潜在意識にすり込みをさせて事実を見えないようにしていることだけは確かです。また、そもそも日本人がこの潜在意識のすり込みに非常に弱い・・・と言うことにもふれておきましょう。
(デザインと企業倫理については、本の方でまた是非続きを紹介させてください。)


f0054954_18102286.jpg

ペラいちのTOPなど、いろいろと試みもしました。
ご担当の近森さんは、社長と正反対。言葉も少なく、理論より実務、といった非常に穏やかな紳士でした。このようにトップとNO.2がうまくいっている企業は、あたりまえですが着実に実績をあげていると思います。
私自身が本当に小さな事業主であるからかもしれませんが、小さな組織が質の高いサービスで大手と対当に張り合う姿は、心洗われる思いがします。素直に応援したい気持ちに駆られます。
実は新規事業の方でも、またお声をかけていただいています。事業は非常に順調のようですね。次回も是非、『実力を発揮』させてください。今後共、宜しくお願いします。
CAD派遣ならオールウェイズ
(AD TOMOKO UJI ; UJI PUBLICITY , D MIKI TANUMA 2006(c)ALL WAYS Co.,Ltd)
[PR]
by ujipub | 2006-11-14 18:19 | Potrfolio
傷つくならば、それは愛ではない
f0054954_071850.jpg

少し前の事ですが、マーフィー系の本を買い漁っていた時に『こんな本も買っています』とAmazonにお薦めされて購入した本です。装丁のデザインが気に入らなかったのとタイトルもいまいちでどうしようか2〜3日悩んだ末、レビューが良かったので、結局ユーズドで購入しました。中身はともかく、装丁だけでも良ければ新書で1Clickで買ってしまうんですけどね(笑)。

恋に傷ついた錆びたくさびのようなハートにどれだけこのセラピーがしみとおる事ができるのか、私には定かではありませんが(出版者の狙いはたぶんそんなところ)実際の中身はもう少し深くて、ビジネスのパートナーシップの改善や親子関係を見直す事による自己の解放なども含まれる、叡智に溢れる内容・・といった印象でした。
1日にひとつずつ読んで、実行・・・と書いてありますが初日にほぼ半分読んでしまい、あとは思い立った時に開いたページを見て「あ〜、あるある」と納得してみたりしています。
これでは効くわけないって?!いえいえ、結構効きましたよ。ホントに(笑)。

好きなセンテンスがあるので、いくつか抜粋してご紹介しますね。
(以下、「傷つくならばそれは愛ではない」より引用)

問題が見えるという事は、あなたが何かする事を求められているという事。
問題が見えたら、それはあなたの問題なのです。否定してもここでは役に立ちません。・・・(略)
■あなたの世界を眺めてみましょう。

拒絶されたと感じるのは、何かをもらおうとしている時だけ。
自分が傷つけられたとか拒絶されたと感じるのは、何か「してあげている」ふりをしながら、じつはひそかに相手から何かを「もらおう」としている時だけです。・・・(略)
■今日のエクセサイズは、あなたがもらおうとしてきたものを手放して、全面的に与える事です。

「利用されている」と思うとき、あなたは自分を前進させないために相手を利用している
・・・(略)前に進もうとする意思があれば、状況はまるごと変容します
■だれかに利用されていると思ったら、実際にはあなたが相手を利用して自分を前進させないようにしていることに気づいてください。

傷つくのは復讐の行為
■今日、あなたの「傷」は、主導権争いのひとつの段階である事を認めましょう。

失望とは、そこを解放する必要があるという信号
■今日はあなたのコップのなかの失望を、すべて空にしていまいましょう。
人生があなたに教えようとしている事にたいして、自分をオープンにしておきましょう。

他にもいろいろあるのですが、もし興味をもたれたら是非、全文を作者の意図通りに読んでいただけたら幸いです。くれぐれも私のように1日に180日分も読んでしまわないように!!(笑)

それから、今日は本の宣伝だけでなく、前にもふれた装丁デザインの話に戻りたいと思います。読んでみて分かった事は、この本は表紙のイメージとまるで違い、非常に叡智にあふれているし、魂の開放とか癒しとか、大切な人とのつながりについて、まず自分を解放し、人への信頼感、暖かい気持ちを取り戻せるようになる、といったいわば自己解放本です。それなのに、デザインはナイーブで消極的。閉鎖感があり、出発というよりは執着を感じます。出版者が狙う、ターゲットのイメージなのでしょうが、私がもしこの本のデザイン担当だったら、とりあえず絶対にこのイラストレーターには発注しないですね。

それから、レイアウトの暴れ(乱れ)は不安定な心にさらに追い討ちをかけます。
クラブイベントのフライヤーやスーパーのチラシの文字が踊っているのを皆さんはよく御存でしょう?どんな気分になりますか?踊ったり揺れ動く、文字やレイアウトを見て、心に冷静を取り戻せますか?
また、このレイアウトの不安定さは、かなり時流な雰囲気を漂わせるでしょう。一生つきあう人生の法則と言うよりも、「今どき」の本に見えてしまいます。
(逆に時流のイメージを強調したければ、レイアウトに動きや勢いを加えればいいと言う事になりますが)。

叡智によって癒しがもたらされる本なのですから、デザインでまず、「私は知的な本だ」と、宣言してしまう必要があるのです。
色調はもっとダメです。赤は、興奮させたり刺激をしたり、あるいは情熱やエネルギーの色です。ありきたりのようですが、心が揺れ動いている人に癒しを与えるのだったら、グリーンや薄いブルー、ベージュ系やくすんだパステルなどの中からキーカラーを選び、ホワイトスペースを上手に使って、乱れのないレイアウトを起用して希望や開放、叡智をコンセプトにリデザインします。たぶん本の印象は相当に変わるでしょうね。と言う事は、今とターゲットが変わる、これまで関係ないと思っていた人がいいのかも、と感じる事になっていきます。

と、いったようなデザイン指南の実用書を出版しようと、実は計画中です。
そもそもは、ビジネスのデザイン戦略によるブランディング(それも小規模事業者向け)の本にしようと思っていたのですが、出版戦略のコンサルタントの先生に相談したら、一笑にふされてしまいました。(よくよく、考えたら確かにブランディングについて今さら語っても・・勝ち目はないですよね。)
ビジネスマンから個人事業主、経験の浅いデザイナーさんなんかにも参考になればいいなと思っていて、仕事の合間を見て執筆しています。
内容のある、いい本を目指して頑張りますので、皆さん応援してくださいね!
[PR]
by ujipub | 2006-11-05 01:05 | books and more