カテゴリ:Design( 4 )
あきらかに間違ってる、CIのレギュレーション
普段から、家族のネタはあまり書かないように・・・というか、書いてもほのぼの系(娘ネタ)に収めるようにしているんですが、いや、なにせみんなそっち系なので家族旅行に行っても、日曜日の買い物にいっても「間違ってるデザイン」とか「間違ってるブランディング」については、トークがやたら、熱いんですよね。

f0054954_084822.jpg

品川シーサイドのちょっと大きめのスーパーにて、今日の「熱い討論」の的になっていたのがこれ↑



「これって、ぜったい新宿=とんかつ(ルビに)読めるよ」


「・・・・・・・・・・」


「しかも、警察のマーク?」


「・・・・・・・・・・」




たしかに。

宜しくないレギュレーションですな。



シグネチュアとは
デザイン展開の中で、ロゴマークと社名、ステートメントなどを表示する基本的な要素が組み合わされて使用されるケースはきわめて多く、これらの要素の組み合わせに一定のルールを設け、訴求イメージの統一化を図ろうとするのがシグネチュアの規定ということになります。


☆みなさんと、共有しておきましょう!結構重要ですね。
[PR]
by ujipub | 2009-03-29 00:31 | Design
天気予報のない国で「見たもの」「見えたもの」
帰国したら日本のマンションが実は大変なことになっていまして・・・
先週の大雨で火災報知器が誤動作したらしく、消防車とガス会社が駆けつけて大変な騒ぎだったとか。。。(しかも深夜!)
こんな騒ぎは初めてだったのですが、本当にひどい降りようだったようですね。都会のもろさを感じます。

実は、滞在先も雨期だったので雨はちょくちょく降っていたのです。
どピーカンの印象がありますがそうではありません。
毎日、何回かの突然のスコール。
すぐに止むんですが、またすぐ降ります。こんな、かんじ↓
f0054954_22273461.jpg

雨雲から雨が降っているの、分かります?

「天気予報はこちらではありません」
と到着するなり、説明を受けたのですがやはりこちらの人は、天気が「見える」(読める?)ようですね。「なぜ?」というタイミングで、パラソルを開き始めると突然晴れる!!さっきまで、雷が鳴っていて空は真っ暗だったというのに・・・・

で、天気が変わるということは空の色も雲の色も変わります。当然、海の色も変わります。

今回、旅行に持参したもののひとつにWinsor & Newton社のArtist Colorという水彩絵の具があります。もともとセットで購入していましたが、オプションで青色を2色追加しました。

プルシアンブルー(プルシャンブルー、英: Prussian blue)とターコイズブルー(ターコイズブルー、英:turquoise blue)です。
ターコイズブルーはその名の通り、トルコ石の色。やや緑がかったブルー。プルシアンブルーは日本名を紺青ともいいますね。

f0054954_22341364.jpg

モニターの色で、ちょっと違う印象になってしまうかもしれませんが、一番右がターコイスブルーで中央の濃いめのブルーがたぶんプルシアンブルーでしょう。
「ブルー」と一言に言っても、Newton社では、水彩でもざっとこれだけの色があるんですよ。
ちなみに画材屋さんなどで単色で購入すると「えっ!!」と言うくらい、色で値段が変わるので要注意。特にブルーの奇麗色は、高額商品の恐れあり。製法や原料で同じ絵の具一本でも値段は変わりますので、レジで会計という時になってびっくりしないでくださいね。

企業サイトやロゴタイプの提案で「青系で」なんて良くオーダーされますが、色にも色々名前や種類,エピソードがあります。「プルシアンブルーのように、深い落ち着いたブルーで信頼感を出したいんだよね」なんて、オーダーをされた事はもちろん一度もありませんが...(笑)

まずはこんなお手軽なセットから、アートを楽しんでみてはいかがでしょう。行き先によっては、色を追加購入したり。。。

奇麗な色ばかりで見ているだけでも、愉しいですよ。
Winsor & Newton社のサイト
おススメ!12HP スケッチ ポケット ボックス


画材・デザイン用品が何でも揃う「銀座/伊東屋」
[PR]
by ujipub | 2008-09-02 23:20 | Design
ロゴのない広告
f0054954_9164678.gif
f0054954_917165.gif
f0054954_9172479.gif
f0054954_9174117.gif


UJIがせっせとイラストレーター(グラフィック制作アプリケーション)で丸を描いて色を塗ったわけではありません。

アニエスベーの春先の店頭でみかけた顧客用プレミアムプレゼント(ポスター)なんですよ。

インターネットでいまやほとんどのモノが買える時代ですが、ネットショッパーがリアル店舗にわざわざ足を運ぶ理由があるとしたら「買い物という行為そのものを楽しむ」ということがあげられると思います。

このポスターが貼ってあったショップは、郊外型百貨店に入っている、いわゆるブランドショップということになりますが、ゆったりとくつろげるソファーやオススメCDの視聴できるコーナーがあって、ちょっとした待ち時間をストレスなくゆったりとすごせるようにとの配慮がなされています。

色鮮やかなドットのポスターに見とれていたら「よろしかったらお持ちください」と、店員さんに声をかけられ、ワタシったらなんと3セットも貰ってしまいました。。。

百貨店でお買い物をするタイプではないですが、サービスやマーケティングを知る上でやはりデパートというのは勉強になりますね。ついでの用事があったときなどは、結構チェックしています。

店員さんは見た目、ドレッドへアのいかにもおしゃれマヌカンさん・・・なのですが、柔らかい身のこなしや爽やかな応対はさすが。

以前も書いた記憶がありますが「ブランドとはモノではなく、鮮やかな記憶である」という定説をまたまた実感。

このロゴのついていないフリーペーパーは、ポスターにして壁に貼ってもよし、ラッピングぺーパーにしてもよし、とのことです。

なんだか、この引き算のサービス、押しつけがましくなくておしゃれでいいですね。
「さりげなく人様のお役にたちながら自分のセンスを売る」って、結構難しいと思いますが、それを実にさらっとやっている例だと思います。普通だったら、ついついロゴを入れちゃいますよね。
でも、ロゴが入っていないから「使える」わけで、ここが本当の顧客本位のサービスということになると思います。

私もストライプの「ロゴなしpc壁紙」でも作って(しかも選べるタイプ別)、フリーダウンロードできるようにしてみようかな、なんてついつい思ってしまいました(笑)。
[PR]
by ujipub | 2007-03-07 09:28 | Design
adidas bag
ロゴが飛んでる
f0054954_20544362.jpg


スポーツクラブのクリアランスセールをやっていた時、
あまりの可愛さにおもわず衝動買いしてしまいました。
キャンバスのハンドルはとても丈夫だし、
しかも今年のラッキーカラーの薄いグリーンでいう事ナシ!だったのはもちろんですが

決め手は、、、
ロゴが飛んでいたからです!!

広告をやっていて、よくアパレルのデザインは自由で羨ましいと思う事があります。

実は同じadidasのバッグで、昨年も「ついうっかり」買ってしまったものがあるのですが・・・・
f0054954_21131884.jpg

比べてみるとやはりロゴが飛んでいるデザインは、軽やかさがあって新鮮ですね☆
同じロゴでも、使い方(レイアウト)や配色で全く雰囲気が変わってしまうという
いい例だと思います。やはり、スポーツブランドはうまいですね〜。こういう事が。
adidas orijinalsブランドについては詳しくはこちらをどうぞ!

さて当社でもよくロゴタイプのお願いなどされるのですが、最近は必ず『使い方まで提案をさせてください』とお願いをしています。
もう、お分かりだと思いますが、同じマークやロゴタイプでも使い方(レイアウト)や配色で全く印象が変わってしまうからなんですね。。。。

>>>配色とレイアウトについてはこちら


今日のおまけ
ところで昨日、サザンのTSUNAMIのパンクバージョンを「オススメ」されて聞いてみました。あ、TSUNAMIなのにパンクです!(笑)
良かったら、視聴してみてくださいね。
TSUNAMI allister
[PR]
by ujipub | 2007-02-25 21:04 | Design