NEW YEAR
f0054954_12305381.jpg

新年あけましておめでとうございます
みなさん、もうおせちは食べました?

これは我が家の元旦の食卓です。
は〜っ、今年もおせち、つくりましたよ。
たぶん旅行に行ってる時以外は毎年つくっていますね。どんなに忙しくても。
と、言っても黒豆以外は12/31の午後から始めて一気につくるんですよ。

うちは、母がせっせとこうことをやる人だったので
何の疑問も持たず、毎年私もせっせとやっているわけですが、どうなんでしょう。
『おせちをつくる』と言っただけで、最近、よく驚かれたりします。
『え〜っ?つくるの〜?』『大変じゃない?』って。

実は大変なやり方をしていないので(きんとんにしても伊達巻きにしても)半日かけずに出来ちゃう訳ですが、どちらかと言うと大変かどうか、と言う事より
このおせちをつくる・・・という行為は、私にとっては『願掛け』に近い、大切な行事のひとつなのですよ。

だって、今年も商売繁昌したいですよね。
そしたら、いい金時のお芋とくちなしの実と大粒の栗で黄金に輝くきんとんははずせません。ふわふわの伊達巻きもそうです。
見通しの明るい年にしたいので、レンコンはしゃりしゃりの歯ごたえを残します。
マメにブログも更新(?)しなきゃなので黒豆は甘さを控えてふっくら。車海老はあら塩でクシをささずにグリル。日本酒にもあいますね〜☆そうそう、この時期、脂ののった寒ブリは出世魚。今年出世したい人は、やっぱりブリを食べておかないと・・・。
そう、このおせち料理には、すべて、この一年にかける願いと意味があるのですよね。
日本人ってやっぱりすごい。そして、実は巧みに栄養バランスやからだの生理にもかなっているのだから驚きです。

そうなのです。
今日のテーマは、気持ちを込めてつくる・・・・・ということなのです。
f0054954_12481469.gif


ということで、気持ちを込めて創りました。
『UJIPUBLICITY 福を呼ぶ年賀状2007』
仕事でもそうですが、やはり思いを込めてつくったものには、すべて魂が宿ります。
私はいつも、自分の仕事が旅立つ時、このように言っています。
『頑張ってお客さんの役にたってこいよ〜っ!』

ちなみに、ごめんなさい。
まだ年賀状は、一枚も書いていません。

年末ギリギリまでごいっしょにお仕事させていただいた皆様には、
たぶんお察ししていただけると思いますが。。。。
お手元にお届けできるのは、まだまだ先かも。

でも、きっと皆様にもいい事がありますよ☆
楽しみに待っていてくださいね。
どうぞ、本年も宜しくお願いいたします。

ちなみに、2月にちょっと長いお休みをとらせていただきます。
こちらもどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by ujipub | 2007-01-02 12:49 | Season
<< 新しいブログ 絶景 >>